Maxspect Gyre水流ポンプ

ろ過システム、スキマー、照明などのアクア機材に関するフォーラム

Maxspect Gyre水流ポンプ

投稿記事by TAKA » 2014年11月14日(金) 05:15

予定通りMaxspectの最新水流ポンプのMaxspect Gyreを購入しました。ショップへの初回入荷分をいち早く注文したので、アメリカでもかなり早く手に入れたほうだと思います。日本でも話題に上っていますが、アメリカでも結構な反響があり人気商品になりそうな感じです。
下の写真は外箱です。最近のアクア商品は、箱などのデザインにも力をいれていますね。
MaxspectGyre-1.jpg
MaxspectGyre-1.jpg (38.14 KiB) 表示数: 2317 回

外箱の中にはおかきの箱のようなステンレスの箱が入っています。
MaxspectGyre-2.jpg
MaxspectGyre-2.jpg (23.94 KiB) 表示数: 2317 回

中身です。スポンジの緩衝材が入っていて、綺麗に収納されています。
MaxspectGyre-3.JPG
MaxspectGyre-3.JPG (33.94 KiB) 表示数: 2317 回

で、設置したところ。見てわかりますが、あまり目立たないです。横幅は当然ながら長いですが、奥行きがそれほどないので水槽内ではあまり目立たない状態になります。まあ、うちの水槽は裏面を黒くしていますので、よけいに目立たないのですが。。。
MaxspectGyre-4.JPG
MaxspectGyre-4.JPG (37 KiB) 表示数: 2317 回


詳細な使用感は後日にするとして、ファーストインプレッションは非常によいです。コントローラ部分もLEDを使用して安っぽさをなくす努力もしていますし、静穏性も非常に優秀だとおもいます。うちでは出力を10%にしてしようしているので、MAXなどもう少しうるさいかもしれませんね。
また、水流モードも一定だけでなく、リバース、パルスモードも備えています。あとは、餌食モードで一定時間水流を止めることもできるようです。Twitterで質問された夜間モードに関しては、残念ながら装備されていないようです。
うちの水槽の奥行きがないのが原因ですが、出力10%でも水槽前面部分の底砂が巻き上がってしまいました。これは、この水流装置の性質上しょうがない部分かとおもいます。僕が思うGyreを使用するお勧め水槽は、奥行きがある水槽の背面部分に設置、または半島タイプ水槽の片側に設置するのがよいかとおもいます。

半島タイプ水槽
画像
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38

Re: Maxspect Gyre水流ポンプ

投稿記事by minimini » 2014年11月14日(金) 11:16

こんにちは。高級なパッケージですね!国内だと4万円は します。
スッキリしてスリム式の扇風機みたいですね!直ぐ中国にコピらせそうですが笑っ
これからはこのスタイルが主流になりそうですね!
minimini
 
記事: 13
登録日時: 2013年2月13日(水) 23:07

Re: Maxspect Gyre水流ポンプ

投稿記事by TAKA » 2014年11月14日(金) 13:04

ミニミニさん、
こんにちは〜
海外の価格はあえて書きませんが、他のアクア機器の輸入品に比べて結構良心的な値段設定だと思います。まあ、値段だけみると可愛くないですが。。。
Maxspectも中国製なので、コピーするメリットは少ないかもしれませんね。形は今までなかったので非常に革新的ですね。
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38

Re: Maxspect Gyre水流ポンプ

投稿記事by TAKA » 2014年11月15日(土) 14:31

少し詳細について書きます。
用意されているモードは、コンスタントモード(一定水流)、パルスモード、アルティネイティング ジャイルモードの3種類があります。この3つ目のアルティネイティング ジャイルモードがかなり複雑な水流を作れるモードのようです。
下は英語版のマニュアルからの抜粋です。パルスモードは、設定値と0%を交互に出力するようです。なので、最小値は常に0%になります。アルティネイティング モードについては少々複雑なので後日アップします。
image.jpg
image.jpg (26.64 KiB) 表示数: 2066 回
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38

Re: Maxspect Gyre水流ポンプ

投稿記事by TAKA » 2014年11月16日(日) 06:42

アルティネイティブ ジャイルモードについてもう少し説明します。どうやら僕が理解していたのと少し違うようです。
回転部分は、Type AとBがあり、それにより保護カバーの違うようです。下の図を参照してください。
Gyre-Rotor.JPG
Gyre-Rotor.JPG (23.99 KiB) 表示数: 2057 回


まず、下の図はType AとBの組み合わせの時にどのような水流を発生させるかというものを説明しています。正回転の場合は、下から吸って水平方向に水流を生み出します。これが逆回転の場合は、水平方向から吸って、下方向に水流を生み出します。
Gyre-AB.JPG
Gyre-AB.JPG (40.34 KiB) 表示数: 2057 回


これがType Aどうしの組み合わせだと、下のようになります。正回転の時は、片方は通常の水流を作りますが、もう片方はタービュランスな水流を作ります。同じように逆回転は、片方は通常の水流で、もう片方はタービュランスな水流になります。どっちから吸い込むかとは下の図を参照してください。
Gyre-AA.JPG
Gyre-AA.JPG (51 KiB) 表示数: 2057 回


イメージ図は以下のような感じです。
Gyre-Alternative.JPG
Gyre-Alternative.JPG (59.22 KiB) 表示数: 2057 回


ちなみにType Bどうしの組み合わせは、Type Aどうしの組み合わせと左右逆にした動作になります。
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38


Return to アクア機材関連

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]