マメスナ苞の治療の仕方(Zoa Pox)

マメスナなどのソフトコーラル関連のフォーラム

マメスナ苞の治療の仕方(Zoa Pox)

投稿記事by TAKA » 2016年7月01日(金) 05:16

日本では「白ニキビ」とも一部で言われているようですが、英語では「Zoa Pox」と呼ばれているので直訳すると「マメスナ苞」とでも訳しましょうかね。
僕が見つけたやつでは2005年ごろの治療法を探しているものがありました。で、今日でも同じような治療法が主のようです。
治療法は、魚の治療薬として有名なフラン剤を使用します。アメリカでは、APIからFuran-2という治療薬が出てきます。成分は、ニトロフラゾン、フラゾリドン、メチレンブルーです。日本国内ではAPIの治療薬は手に入らないと思うので、似たような薬だとグリーンFが近いです(フラゾリドンは入っていない)。グリーンFゴールドは、メチレンブルーではなくスルファメラジンが入っているので、海外の治療法を参考にするならグリーンFがよさそうです。
具体的な治療法ですが、薬浴する感じです。以下、海外のサイトで示されていた手順の1つです。
1.新しい海水を作る(ph、水温などを飼育水と同じにする)
2.1の海水を1カップとり、Furan-2(フラン剤)を混ぜる
3.罹患したマメスナを2のフラン剤が入った海水に全体を15-20分浸す。(30分を超えてはダメ!)
4.薬浴から取り出したマメスナを新鮮な海水で洗い、水槽に戻す。
5.24時間後にステップ1-4を再度行う。これを計3回行う。
6.改善が見られない場合は、これを続ける。
この例では海水にフラン剤を使用していますが、RO/DI水のほうが効果的だという人もいます。このあたりは自分で確かめるしかないかなと思います。
少しでもマメスナの治療法に参考になれば幸いです。

参考:
https://www.youtube.com/watch?v=XNdEcI66xNA
http://www.reefcentral.com/forums/showt ... p?t=691978
http://www.reef2reef.com/threads/zoa-po ... nt.105981/
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38

Return to ソフトコーラル関連

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]