水槽内のバクテリア量

アクア関連の参考文献

水槽内のバクテリア量

投稿記事by TAKA » 2013年10月22日(火) 07:52

ZEOvitの水換え頻度と量について調べていたときに面白い記事を発見しました。すべて読んだわけではないですが、中々面白い内容でした。
まず、水槽内のバクテリア量はサンゴ礁のものと比べると非常に少ないと言うことです。これは現在流行のバクテリアプランクトンシステムにおいてもそのようです(記事中ではZEOvitシステムや炭素源を添加したシステムを例にあげています)。もう少し詳しく書くとバクテリア量が少ない水槽とはプロテインスキマー、活性炭(GAC)、鉄系リン酸吸着剤(GFO)、水換えなどを使用して栄養塩を積極的にとるシステムの場合だそうです。それに対して、これらの方法を使用して積極的に栄養塩を取らないシステムでは、バクテリア量はサンゴ礁と同じぐらいのバクテリア量だったようです。差が一番大きなときで約自然界のサンゴ礁の1/10しか水槽内にバクテリア存在しないようです(下表参照)。
bacteria-count.jpg
bacteria-count.jpg (136.63 KiB) 表示数: 3226 回


これって少し意外な感じがしました。バクテリオプランクトンシステムは、バクテリアにたくさん繁殖させてそいつに栄養塩を食べさせてプロテインスキマーで濾し取るからです。ZEOvitなどは、ゼオリアクター内でだけでバクテリアを繁殖させて、メイン水槽内には極力バクテリアの繁殖を避けると考えれば。これはバイオペレットでも同じように考えることができると思います。ただ、今回の記事で使用している水槽では、メイン水槽内に炭素源を添加するシステムもあるように感じましたので、そこが意外でした。
また、記事中にはAcropora類はバクテリアの量が少ないほうが死に難いとありました。このバクテリアの量が何に比べて少ないほうが良いのか良く分かりませんでした。

もう一つ興味深いのは、水換えによって一時的に水槽内のバクテリアの量が増えることです。これは長年疑問だった水換え後にORP値が下がる現象の説明がつく気がしました。
画像

他にもスキマーによって濾し取られるバクテリアと取られないバクテリアがあるという話やスキマーによって濾し取られるバクテリアは一定値を超えるとそれ以上濾し取られないとか。

少し余談ですが、ハングオン式のバイオペレットリアクターをメイン水槽に引っ掛けて使用する方法は、バイオペレットの使用方法と異なります。スキマーの前にバイオペレットリアクターを設置し、リアクター内から出たバクテリアなどはスキマーで濾し取るのが本来の方法だったと思います。
あと、うちの水槽の話ですが、ORPが350以下のときは調子が悪かったように思います。400前後のときが一番調子が良いように感じます。

参照:Feature Article: Bacterial Counts in Reef Aquarium Water: Baseline Values and Modulation by Carbon Dosing, Protein Skimming, and Granular Activated Carbon Filtration
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38

Re: 水槽内のバクテリア量

投稿記事by minimini » 2013年10月23日(水) 12:43

こんにちは。BPシステムで水換え後にORPが直ぐに下がるのは底砂やライブロックに付着していたバクテリアが水換えの
ショック(それとも新の水による浸透圧の関係)で浮遊し飼育水に有機物が増える事で起こっていると思っています。いず
れ底砂やライブロックに定着すればORPは復活し始めるのではと。

バクテリオ・プランクトン・システムのバクテリオとはバクテリアを浮遊させる意味なのでTAKAさんの解説通りバクテリアを
浮遊させてスキマーで排除させる事で超ウルトラ低栄養塩環境になるのでしょう。しかし炭素源を入れる数時間の間は
生物相は豊かなハズですが・・。
minimini
 
記事: 13
登録日時: 2013年2月13日(水) 23:07

Re: 水槽内のバクテリア量

投稿記事by TAKA » 2013年11月07日(木) 01:25

minimini さんが書きました:こんにちは。BPシステムで水換え後にORPが直ぐに下がるのは底砂やライブロックに付着していたバクテリアが水換えの
ショック(それとも新の水による浸透圧の関係)で浮遊し飼育水に有機物が増える事で起こっていると思っています。いず
れ底砂やライブロックに定着すればORPは復活し始めるのではと。

バクテリオ・プランクトン・システムのバクテリオとはバクテリアを浮遊させる意味なのでTAKAさんの解説通りバクテリアを
浮遊させてスキマーで排除させる事で超ウルトラ低栄養塩環境になるのでしょう。しかし炭素源を入れる数時間の間は
生物相は豊かなハズですが・・。

こんばんは~
一度1.023Worldで同じようなことを質問したときは、水換え後はORPがあがるのが普通だと言われました。ベルリンとバクテリオプランクトンシステムで、水換え後のORPにそんなに変化が現われるのでしょうか?
元記事内にもありますが、メイン水槽内でバクテリアの量が多い場合は、あまりミドリイシ類には良い影響がないようです。ZEOvitはリアクター内で繁殖させ、なるべくメイン水槽内でバクテリアの繁殖をさせないようなシステムだと思います。
炭素源も一種類ですと、特定の生物に偏ってしまうと思いますが、ZEOstartなどは複数の炭素源がはいっているので生物の多様性が保たれるのかもしれません。VSVメソッドがウォッカ添加に勝るのはその添加と個人的には考えています。
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38

Re: 水槽内のバクテリア量

投稿記事by minimini » 2013年11月10日(日) 02:03

こんばんば(^O^)
>水換え後はORPがあがるのが普通だと言われました。

私はBPシステムにしてからは水換え後は必ずORPは下がります。ZEO仲間も同じですが翌日には元より少し揚がります。ベルリンの方はORPを余り気にしないのでは?
私の解釈ではZEOVITなどBPシステムは沢山湧かせて沢山スキマーで取るのが原則だと思っています。つまり夜間に炭素源を投与してバクテリアが多い時間帯を作り
朝にはスキマーが回収して水槽内の有機物を減らすのがベストだと。炭素源も一種類だけだと厄介な藻が大量発生しそうですね。
minimini
 
記事: 13
登録日時: 2013年2月13日(水) 23:07

Re: 水槽内のバクテリア量

投稿記事by TAKA » 2013年11月13日(水) 06:08

minimini さんが書きました:こんばんば(^O^)
>水換え後はORPがあがるのが普通だと言われました。

私はBPシステムにしてからは水換え後は必ずORPは下がります。ZEO仲間も同じですが翌日には元より少し揚がります。ベルリンの方はORPを余り気にしないのでは?
私の解釈ではZEOVITなどBPシステムは沢山湧かせて沢山スキマーで取るのが原則だと思っています。つまり夜間に炭素源を投与してバクテリアが多い時間帯を作り
朝にはスキマーが回収して水槽内の有機物を減らすのがベストだと。炭素源も一種類だけだと厄介な藻が大量発生しそうですね。

おはようございます。
僕はHALさんのページをこの趣味を始めた当初に参考にしていました。
ベルリンにおけるORPは、生体が死んだりしたときの指標になっているようです。なので高いほうがよいと学びました。
TAKA
管理人
 
記事: 256
登録日時: 2012年10月12日(金) 07:38


Return to 文献

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron