硝酸塩を添加してリン酸塩濃度を下げる

硝酸塩やリン酸塩は、ミドリイシを飼育するにあたりなるべく低く抑えたい栄養塩だとおもいます。昔は大量水替えやリン酸除去メディア(GFOなど)などで対処していましたが、炭素源の添加、ゼオライト、バイオペレットなどが出始めて栄養塩のコントロールは簡単になり、硝酸塩、リン酸塩共にホビー用途の試薬で検出できないレベルにすることが容易になりました。 “硝酸塩を添加してリン酸塩濃度を下げる” の続きを読む

Vodka(ウォッカ)添加メソッド

今では一般的になった炭素源添加ですが、2008年ぐらいのときはまだまだやってる人は少なかったですね。炭素源はバクテリアの餌になり、その増えたバクテリアが硝酸塩とリン酸塩を下げてくれます。これにより、硝酸塩・リン酸塩が共に検出できないレベル(超低栄養塩状態)を実現できます。

“Vodka(ウォッカ)添加メソッド” の続きを読む